矯正器具を前歯の裏側に装着する|器具にも種類がある

乳歯のうちからケアをする

治療器具

子供の歯が生えてきたら、虫歯を作らせないように気を付けてあげましょう。その為には3ヶ月に1回や半年に1回の割合で越谷市にある歯医者さんにいって歯科検診を受けるようにしましょう。

More Detail

安心して治療をする

院内

天王寺区にある歯科医院では、最新の機械を使って治療を行なってくれるだけではなく、患者さんへの説明も丁寧にしてくれるところがあります。安心して通院するためにも、信頼出来る歯科院を選ぶことはとても大切なことです。

More Detail

目立たない方法がある

院内

前歯が出ていて恥ずかしい、歯と歯が重なりあっていて歯並びが悪いといった悩みを抱えている人は、歯列矯正をおすすめします。これまでの歯列矯正は歯の表面に特殊な器具を取り付ける方法が一般的でした。しかし、最近では取付ける器具を歯の表面ではなく裏側に取付けるという方法が主流となってきています。表面に取付けるとなると、笑ったときや口を開いたときに他人から器具が見えてしまいます。本人が気にならないようであれば、これまで通りの方法で問題はないのですが、多くの場合それが嫌で歯列矯正を諦めてしまったり、途中でやめてしまったりする人がいるのです。また、矯正は前歯部分を中心にして行なうので、表面に器具を取付けるとどうしても目立ってしまうのです。しかし、裏側に取付けることで、笑ったり喋ったりするときに口を開いても器具が見えず、周囲に矯正をしていることも知られずに治療を進めることが可能です。

前歯に取付ける矯正器具にはいくつか種類があり、スモールタイプやセラミック、メタル、インビザラインなど様々なタイプのものがあります。スモールタイプは、装着したときの違和感や喋りにくいといった負担が少なく済みます。セラミックはプラスッチク素材で出来ていて、メタルはセラミックとは違って金属で作られています。一般的な矯正歯科で多く使われているタイプのものがメタルです。インビザラインはマウスピースのような形をしていて、色はついておらず透明でとても自然な見た目であるのが特徴です。また、取り外しを簡単に行なうことが出来ます。どの器具を使用するのかというのは、実際に歯科医師と相談をしてから決めるようにするといいでしょう。また、前歯のどの部分の歯列矯正をするかによって適しているタイプも異なりますので、まずはそれぞれの特徴をしっかりと把握しておきましょう。

気軽にホワイトニング

女の人

最近ではネットでホワイトニング剤を購入して自分で歯のケアをしている人が川崎区でも多くいます。しかし、市販のホワイトニング剤を使用するよりも歯医者でホワイトニングを行なってもらった方が確実に白い歯に近づきます。

More Detail