矯正器具を前歯の裏側に装着する|器具にも種類がある

乳歯のうちからケアをする

治療器具

赤ちゃんや幼児期に初めて生えてくる歯のことを乳歯と呼びます。乳歯から永久歯に生え変わる時期は、個人差がありますが5歳から6歳前後くらいが一般的です。乳歯が生えてきたら、赤ちゃん用の歯ブラシを使って口腔ケアの習慣を身につけさせることが大切です。自我が芽生えてくると、歯ブラシを嫌がるようになる子も多いですが親が根気強く歯ブラシの習慣を身につけさせるようにしましょう。また、定期的に越谷市にある歯医者さんに通って歯科検診を受けることも可能です。越谷市にある小児歯科を専門的に診ている歯医者さんであれば、小さな子供でも通いやすいような雰囲気作りをしてくれているところもあります。待合室にはキッズスペースを完備していたり、絵本やアニメのDVDを見ることが出来たりする歯医者さんも増えています。小さな頃から歯医者さんに慣れ親しんでいれば、例え虫歯が出来たとしても早い段階で発見することが可能ですので、治療も短い時間で終了します。永久歯に生え変わる乳歯ですが、だからといって乳歯に虫歯が発生しても良いということではありません。乳歯に虫歯が出来てしまうと後々生えてくる永久歯にも影響を及ぼす可能性があるのです。歯並びが悪くなったり、咀嚼が上手に出来なくなったりすることもあります。また、骨の成長にも影響があらわれます。ですから、出来るだけ乳歯に虫歯が出来ないように心がけてあげましょう。越谷市の歯医者さんでも正しいブラッシングの方法も指導してくれますし、フッ素を塗ってもらえば虫歯予防に繋がります。越谷市で歯医者さんと探すのであれば、ネットで調べてみるとよいでしょう。